色々ある屋根の形、最も代表的な切妻・片流れ・寄棟屋根を解説!

色々ある屋根の形、最も代表的な切妻・片流れ・寄棟屋根を解説!

家づくりをする際に気になるポイントの一つが屋根の形です。太陽光発電を多く載せたい、スタイリッシュなデザインの屋根にしたいなど住む人によって要望も様々。

今回はそんな屋根の代表的な形(切妻・片流れ・寄棟)に注目して解説していきます!

屋根が持つ役割とは?

住宅街の空撮画像

戸建ての屋根は外観の顔でもあります。家の雰囲気を決める重要な部分でもあり、住宅のデザインにも影響します。どうしても形やデザインなどに注目しがちになってしまう屋根ですが、屋根は雨漏りや日差しから家を守るというのが一番の役目です。

もし屋根に不具合が発生すると、雨漏りが起こり耐久性や耐震性が弱くなり、シロアリ被害にも繋がりかねません。これは太陽光パネルの取り付けを検討する際も同じです。

間取りの設計や外観デザインなどにあまりにもこだわりすぎると、雨や風に弱い「屋根」になってしまうことも。屋根の形状やそれぞれの特徴を知りながら、自分の要望に合った屋根を作りましょう。

主な屋根の形は?

様々な屋根の種類のイラスト

日本にはよく目にするものから、複雑な形まで様々な屋根が存在します。

代表的な屋根について形状別に特徴などをご紹介します。

切妻屋根とは?

切妻屋根の家の画像

日本の中でも一般的なのがこの「切妻屋根」です。構造はとてもシンプルで、雨漏りが少なくメンテナンスも安価。ただし、個性が出しにくく側面に太陽光や雨水があたりやすいために外壁が劣化しやすい点がデメリットとして挙げられます。太陽光発電には適していますが、南に向いていないと発電効率が下がる傾向にあります。

片流れ屋根とは?

片流れ屋根の家の画像

一方向だけに傾斜がついている屋根「片流れ屋根」。見た目もスタイリッシュな印象でデザイン性の高さを演出することができ、最近人気の屋根形状となっています。

メリットは斜線制限に対応できることですが、屋根がない方の外壁は直射日光や雨などの影響が受けやすい傾向があり、また雨や雪などが片側に集中するので、雨どいに負荷がかかりやすいこともデメリットとしては挙げられます。太陽光発電は面積が広いため容量を多く載せるのに適しておりおすすめです。

寄棟屋根とは?

寄棟屋根の家の画像

中央にある大棟から四方に傾斜面がある屋根のことを「寄棟屋根」と言います。和風・洋風どちらにも合い、切妻屋根と比べると外壁面積が減るため、耐風性が高まります。また雨を四方に流すことができるのもメリットの一つです。

ただし、屋根裏のスペースが狭くなり、小屋裏の空間を活用しにくかったり、通気性があまり良くなかったりというのがデメリットになります。棟が多いのでメンテナンスが重要で、雨漏りのリスクも他の屋根より大きくなる可能性があります。太陽光は四方に傾斜面があることから面積を確保しにくい場合が多いので注意が必要です。

屋根選びの重要なポイント

それぞれの屋根の特徴の中でも記述しましたが、屋根を選ぶポイントを簡単に3つご紹介します。

デザイン

 屋根の形状で家の印象は大きく変わります。自分が素敵と思う屋根を見つけましょう!

太陽光パネルの設置

 屋根はいまや太陽光パネルを載せるためのスペースとなっていると言えます。

屋根の形によって発電効率やそもそも載せられる量が大きく変わる場合がありますので

太陽光パネルの設置を検討されている方は屋根の形にも注目するようにしましょう。

小屋裏スペース

 屋根の形によって大きく変わるのがこの小屋裏スペースです。大きさはもちろん屋根の流れる方向によっても確保できるスペースが変わってきますので、最上階の間取りとの親和性が重要になってきます。

まとめ

住宅街 イラスト

今回は代表的な3つの屋根の形状について解説しました。それぞれの形によってメリットやデメリットもあり、また住宅の設計上の法規制等で作れる屋根と作れない屋根があったりもするので注意が必要です。

自分たちの要望を出しながら、建設会社の設計担当者に相談するなどして最も気に入った形の屋根を目指して、家づくりを進める事がなにより重要です。皆さんの素敵な家づくりを応援しています!

■監修_サーラ住宅/担当者

WRITER PROFILE

アバター画像

岩下加奈

愛知県豊橋市在住。地元出版社に勤め、東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長などを勤める。名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや編集を行い、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。ワンライフコミュニケーション株式会社ゼネラルマネージャーとして、企業様・個人向けの外部広報を担当。

RELATED

  • リフォーム・リノベーションで失敗しないためにできること

    リフォーム・リノベーションで失敗しないためにできること

  • 【3階建ての家づくり】後悔しない為のメリットとデメリットをご紹介

    【3階建ての家づくり】後悔しない為のメリットとデメリットをご紹介

  • 玄関のリフォームで見た目も機能も向上へ

    玄関のリフォームで見た目も機能も向上へ

  • 初めての家づくり!キッチンの種類にはどのようなものがある?

    初めての家づくり!キッチンの種類にはどのようなものがある?

  • 木造の家づくり 新築住宅を建てる際はどんな材木が使われる?

    木造の家づくり 新築住宅を建てる際はどんな材木が使われる?

  • 補助額は最大290万円!『住宅省エネキャンペーン2024』の申請が始まりました!

    補助額は最大290万円!『住宅省エネキャンペーン2024』の申請が始まりました!